Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ある数学者の弁明」

「純粋数学者をほっとさせる一つの心強い結論がある。純粋数学は、戦争に全く影響を及ぼさない」とその著書『ある数学者の弁明』で述べたのはイギリスが生んだ天才数学者G.H.ハーディです。ここでいう純粋数学とは素数などを扱う数論などであり、弾道計算などに使われる“日常数学”ではないとハーディは断りを入れています。

ところが時代はハーディが考えていたよりもはるかに進んでしまいました。現在使われている暗号はその多くを純粋数学、わけても素数に頼っています。サイモン・シンはベストセラーとなった『暗号解読』で数学と戦争との関係の変化をこう述べています。「第1次世界大戦は化学者の戦争であり、第2次世界大戦は物理学者の戦争・・・第3次世界大戦が起こるとすれば、それは数学者の戦争になるだろう」――第1次大戦において化学兵器が使われ、第2次大戦では原子爆弾が使用された、次の戦争は情報を支配した方が勝利する戦いになる、情報とは暗号であり、その解読だ、その役割を担うのが数学だ――サイモン・シンが言わんとすることです。

ところで、最近、国際的スキャンダルの様相を呈しているのが、米国NSA(国家安全保障局)による盗聴です。同盟国を含めた各国大使館の盗聴に始まり、ドイツのメルケル首相をはじめ主要国のリーダーたちの通話を盗聴していたことも明らかになりました。この問題を暴露したのが元CIA、NSA職員であるスノーデン氏。スノーデン氏の勇気ある告発で米国の卑劣なスパイ行為が明らかになり、盗聴を受けた国々は不快感と米国に対する不信を露わにしています。

日本大使館も盗聴の対象となっていましたが、この件について菅官房長官は米国内の問題としたうえで「日米間の外交においては、しっかりと秘密は守られるべきだ」とコメントしています。驚くのは、盗聴行為そのものを批判することなく、盗聴の事実が露見したことの方を問題にしていることです。
特定秘密保護法案が成立すれば、政府が市民を盗聴・監視してもその行為自体を特定秘密として隠ぺいしてしまうことも可能です。事実、米国政府は秘密漏えいのかどでスノーデン氏逮捕に全力を挙げています。

ハーディを慰めた「心強い結論」は今、ビッグブラザーの支配する世界の重要なツールに変貌しようとしています。
 




アネクドート

政治的小話(アネクドート)というものは世界中に存在します。権力者や官僚を対象に、ウィットとアイロニーにとんだ話が多く、出来の良いものは笑いを誘うだけでなく、思わずうなってしまいます。特に旧東側諸国には秀逸な作品が多数あります。

その一つを紹介します。

首都にある「美しい広場」、酔っ払いが「我が国の最高指導者は無能だ」と叫んだところ、警官につかまり、刑務所送りに。その罪状は軽罪とし「不敬罪」、重罪として「国家機密漏えい罪」。

次は実話で日本での話。

米軍に申し入れを行い、要求書を手渡す際に許可を得て写真を撮ったところ、バックに米軍の低空飛行訓練ルートが載った日本地図が映り込んでいた。数々の目撃証言をもとに政府に低空飛行訓練ルートの存在を質すと、承知していないの一点張り(詳細はhttp://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumona.nsf/html/shitsumon/a145038.htm)。その後、オスプレイ配備の環境影響評価でその存在が公になり、政府もしぶしぶ認めることに。

特定秘密保護法案が提出される可能性が高まっています。仮に法案が成立すれば政府による情報操作がたやすく行われ、国民の知る権利や報道の自由は著しく侵害されます。政治的小話は情報統制が行われている国ほどキレを増すようですが、日本がアネクドート大国になる、これはとても笑える話ではありません。

ちなみにアネクドートという言葉は「公にされなかったもの」というギリシア語に由来するそうです。






臨時国会がスタート

今日から秋の臨時国会がスタートしました。会期は12月6日までの53日間です。6月26日に通常国会が終了して4か月近くが経過しましたが、その間に福島第一原発の汚染水問題、TPP交渉、消費税率の引き上げなど本来国会で議論すべき課題が放置されたままでした。国会軽視であり、怠慢のそしりを免れません。

とにかく、ようやくスタートした国会、政府の姿勢を質し、国民の暮らしを守るために頑張ります。




もうひとつのアメリカ史

 なかなか読書の時間が取れず、時間がかかりましたが、ようやく、『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史』を読み終えました。テレビでもストーン監督によるドキュメンタリーとして10回にわたって放映されたもので、全3巻、1巻あたり400ページの大著です。重くてカバンに入れて持ち運ぶのに苦労しましたが、第1次世界大戦からオバマ政権までのアメリカの歴史(テレビの方は第2次大戦前夜から)、しかも公認ではない歴史(原題は『The Untold History of the United States』(語られなかったアメリカ史))です。

 読むと暗澹たる気分になります。「自由」「民主主義」の名のもとに、アメリカが世界中で行っている支配と抑圧、内政への干渉、侵略、目をふさぎたくなる残虐行為の数々がこれでもかと列挙されています。

 本にはこんな一文がありました。「アメリカは植民地帝国としてではなく、世界各地に軍事基地を持つ基地帝国として、世界的覇権を保っている」。今夏、“基地帝国”の最前線で苦しむ沖縄をストーン監督は訪れました。広島、長崎も訪問し、行く先々でインタビューに答え、講演を行っています。そのいくつかはネットでも紹介されています。「オリバーストーン 広島」「オリバーストーン 長崎」「オリバーストーン 沖縄」で検索できます。






党首選挙

社民党の党首選挙がスタートしました。
吉田忠智参議院議員の党首選勝利に向けて、私も選対副委員長として全国を回っています。
昨日は福岡天神前で街頭演説を行い、私も応援弁士としてマイクを持ちました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。