Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『評決』と憲法学者

 映画には「法廷もの」と呼ばれるジャンルがあります。アメリカでは古くは『12人の怒れる男』、それをもとに日本でも『12人の優しい日本人』が作られました。そんな「法廷もの」の一つにポール・ニューマン主演の『評決』という映画があります。

 カトリック教会が運営する大病院で発生した医療過誤、そのミスで植物状態になった患者の代理人として大病院を訴えるのがポール・ニューマン演じる弁護士です。個人的には、ポール・ニューマンの最高傑作のひとつ、アカデミー主演男優賞を取ってもおかしくなかった作品だと思っています。

 映画では原告側の証人として呼ばれた黒人医師が病院側のミスを指摘します。対して被告代理人の弁護団はその証言自体を問題にするのではなく、証人のこれまでの経歴や他の裁判への参加の状況など尋ねるばかり。その意図は明白で、証人の社会的信用を失墜させることで、証言自体を信用のおけないものにする――金のためならなんでもやる悪徳弁護士のやり口です。

 ところで現在、衆院で強行採決され、舞台を参院に移した戦争法案、6月4日の衆院憲法審査会における与党推薦も含む3人の参考人全員が、現在の戦争法案は違憲、違憲の疑いと発言しました。政府・与党の狼狽ぶりはすさまじく、あわてて封印していた砂川判決を持ち出し、それが憲法学者からお門違いと批判を受けると「憲法学者の言う通りやっていたら国の安全は守れない」「憲法学者はどうしても憲法9条2項の字面に拘泥する」など憲法学者、そして憲法学そのものを批判し始めました。憲法学という学問、そして憲法学者の社会的信用を失墜させ、だから憲法違反の主張も間違い、そんな意図がありありです。まるで『評決』の中の被告弁護団を見るようです。

 『評決』は、被告弁護団の卑劣な弁護方針にもかかわらず、市民の代表である陪審員は真実を見抜きます。戦争法案の真実を今度は国民のみなさんが見抜く番です。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。