Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大義なき解散――安倍政権に白紙委任状は渡せない

「なれ合い解散」、「バカヤロー解散」、「死んだふり解散」、「郵政解散」――奇妙な名前の付いた解散は過去に多々あるものの、これほど大義名分のない解散総選挙がかつてあったでしょうか。


今回の解散理由は、1年後の消費税増税を見送ることについての信を問うということのようです。しかし、解散せずとも消費税に対する国民の意思は、各種世論調査で明らかです。どの世論調査を見ても消費税再増税反対は過半数を超えています。国会でもすべての政党が消費税再増税について、延期、凍結、反対です。増税延期を決めても「おかしい」という声は出るはずもありません。


鳴り物入りで始まったアベノミクスは大失敗に終わろうとしています。異次元の金融緩和は、急激な円安を招き、輸入物価は高騰し、国民生活を直撃しています。機動的な財政出動という名のばらまきは、建設業での人手・資材不足を招き、東北の復興にまで悪影響を与えています。そして成長戦略。岩盤規制とレッテルを張り、労働分野の規制緩和や農林水産業を壊滅させるTPPへの参加交渉など、さらなる格差と貧困を生み出す政策を推し進めようとしてきました。駆け込み需要で一見好調に見えた経済はすでに危険水域に入っていたのです。


 そこに追い打ちをかけたのが消費税増税でした。増税から半年が経過しましたが、これまでの想定内との言葉とは裏腹にあらゆる経済指標が日本経済の危機を示しています。この見るも無残な経済実態から国民の目をそらすための解散総選挙になんの道理もないことは明らかです。


 今回の選挙は、野党の準備が整わないうちに選挙を行い、政権を維持することが目的です。そして、仮に与党が勝てばどんなことが起こるのか、次の言葉を思い出してください。「私が最高責任者、決めるのは私なんです、選挙で審判を受けるんです」――安倍総理が集団的自衛権を巡る論戦で発した言葉です。つまり、安倍総理は、選挙に勝てば何でもできる、白紙委任状を手に入れることができると考えているのです。


 集団的自衛権も、原発再稼働も、TPPも、勝てばなんでもできると勘違いしている安倍政権に白紙委任状を渡すのか――それが今回の選挙の最大の争点です。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。