Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アネクドート

政治的小話(アネクドート)というものは世界中に存在します。権力者や官僚を対象に、ウィットとアイロニーにとんだ話が多く、出来の良いものは笑いを誘うだけでなく、思わずうなってしまいます。特に旧東側諸国には秀逸な作品が多数あります。

その一つを紹介します。

首都にある「美しい広場」、酔っ払いが「我が国の最高指導者は無能だ」と叫んだところ、警官につかまり、刑務所送りに。その罪状は軽罪とし「不敬罪」、重罪として「国家機密漏えい罪」。

次は実話で日本での話。

米軍に申し入れを行い、要求書を手渡す際に許可を得て写真を撮ったところ、バックに米軍の低空飛行訓練ルートが載った日本地図が映り込んでいた。数々の目撃証言をもとに政府に低空飛行訓練ルートの存在を質すと、承知していないの一点張り(詳細はhttp://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumona.nsf/html/shitsumon/a145038.htm)。その後、オスプレイ配備の環境影響評価でその存在が公になり、政府もしぶしぶ認めることに。

特定秘密保護法案が提出される可能性が高まっています。仮に法案が成立すれば政府による情報操作がたやすく行われ、国民の知る権利や報道の自由は著しく侵害されます。政治的小話は情報統制が行われている国ほどキレを増すようですが、日本がアネクドート大国になる、これはとても笑える話ではありません。

ちなみにアネクドートという言葉は「公にされなかったもの」というギリシア語に由来するそうです。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。