Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問に立ちます

 明日開かれる衆議院の文部科学委員会の一般質疑で質問に立ちます。民主党政権下で社民党も一緒に進めてきた高校授業料の無償化や小中学校の35人以下学級が、自公政権下で見直しされようとしています。無償化には所得制限を設け、35人以下学級は生徒の成績アップにつながるかを検証するとのことです。無償化で経済的な理由での中退者が減りました。少人数学級は、先生が生徒に接する機会を増やし、いじめ問題でも絶対に必要な施策です。なぜ、必要な施策を制限あるいは中断するのか、大臣に聞きます。ほかにも、公立小中学校で、全教員の17%近くを占めるに至っている臨時・非常勤=非正規の問題もただします。
 衆議院のインターネットTVから、ご覧になれます。ぜひ、見てください。
■日時:3月27日(水)
■質問予定時間:15:40~16:00までの20分間
■質問予定項目
①高校授業料無償化のもたらした成果について
②無償化に所得制限を行う理由、根拠について
③35人以下学級の推進を凍結する理由について
④増加する臨時・非常勤の教員への対応について
⑤教員の長期病休者が増大している原因、対策について   など
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。