Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

請願受けました 続き

タクシー労働者は、規制緩和による最大の犠牲者です。
かつて「タクシードライバーは眠れない」というNHKの番組がありましたが、規制緩和によってタクシー会社は増車に次ぐ増車に走り、結果として地域の需給バランスは一気に崩れ、一部地域では値引きが横行し、一台当たりの売り上げは減少、タクシー運転手の賃金は激減しました。NHKの番組では車の中で寝泊まりする「タクシー・ホームレス」という言葉まで紹介されていました。この実態を見れば、「規制緩和が成長を促す」という言葉がいかに現実と乖離しているかがわかります。

本日の請願ではハイタク産業の構造的問題の解決のために、タクシー事業の許可を免許に改め更新制とすることなどを含むタクシー事業法制定がその内容です。まったく同感です。

それともう一点思うことは、今の歩合制という賃金制度を変えていく必要があるのではないかということです。ノルマと連動した歩合制は、事業者の増車を誘発し、労働者には賃金押し下げの圧力になります。こうした制度についての検証も必要ではないでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。